HOME  > アーティスト紹介、加藤訓子


アーティスト紹介

ホソヤアーティストネットワークのアーティスト情報

アーティスト詳細

天性の才能を発揮する、打楽器のスペシャリスト

加藤訓子一覧にもどる

加藤訓子

桐朋学園大学研究科終了とともに渡欧。ロッテルダム音楽院を首席で卒業。スティーヴ・ライヒやフランコ・ドナトーニをはじめ、世界的な作曲家や演奏家とも数多く共演、ソロ以外でもアンサンブル・ノマド、サイトウキネンオーケストラ、アンサンブル・イクトゥス(ベルギー)など国内外のグループへ参加。95年第1回「リー・ハワード・スティーブンス国際マリンバコンクール」準優勝、96年ドイツ、ダルムシュタッド国際現代音楽際にてクラニヒシュタイン賞受賞、2000年米国パーカッシヴ・アートソサイエティーより世界35人のマリンビストに選出、2002年愛知県豊橋市より文化賞奨励賞受賞。クラシック音楽の古典から同時代音楽作品まで幅広いレパートリーを持ち、鋭く研ぎ澄まされた音楽的感受性と優れた芸術性を併せ持つ。世界で最も優れた打楽器奏者のひとりとして、グローバルに幅広いフィールドで活躍しており、他ジャンルとのコラボレーションも積極的に行っている。
2006年武満徹作曲の打楽器コンチェルト「カシオペア」を20数年ぶりに復活させ、見事な演奏で絶賛される。米国在住。

SOND SPACE EXPERIMENT

―「環境」「地球」「共生」をキーワードに

SOND SPACE EXPERIMENT

環境破壊への警鐘、産業廃棄物のリサイクル、モノの持つ価値の転換を図る、というメッセージを込めて、Vol.01は、ドラム缶とマルチチャンネル音響によるライブパフォーマンスを実施。スチールドラムが奏でるアコースティックな音色とリズム、宮本、田口両氏が共同開発した「シンフォキャンバス」音響技術を活かしたマルチチャンネル音響とサウンド・テクノロジーを駆使した音響効果との融合に挑む。インダストリアルな中に垣間見る自然、共存、地球、そして果てしなく広がる宇宙へ。

ミュージックシアター「浄土」

三島由紀夫作品を舞台化

ミュージックシアター「浄土」

英国の作曲家ジェームス・ウッドが米国を拠点に世界で活躍する打楽器奏者・加藤訓子のために三島由紀夫の作品を舞台化したミュージックシアター「浄土」の日本初演が来年1月28日、29日愛知芸術文化センターでの公演をオープニングに東京(アサヒアートスクエア)、横浜(BankART1929)で行われた。 三島由紀夫の著書『志賀寺上人の恋』を題材にソロパーカッション、ソプラノ、コンピューターサウンド(ライブエレクトロニクス)という構成で三島の描いた「浄土」の世界と「恋愛と信仰の相克」を再現、舞台は会場と一体となり8つのスピーカー、天井から吊られた8つの鐘で囲まれる。1999年英国オックスフォード・フェスティバルで世界初演。加藤訓子は桐朋学園大学卒業、ロッテルダム音楽院へ留学。打楽器奏者として史上初のクムラウド称号を授与され首席で卒業。世界を舞台に活躍するなか、その天才的な演奏と芸術性に感銘を受けたジェームス・ウッドが2年がかりで創り上げたミュージックシアターの大作が「浄土」。出演はソロパーカッションの加藤訓子のほか、作曲・エレクトロニクスのジェームス・ウッド(現代の最も特筆すべき個性を持つ英国人作曲家)、ソプラノのサラ・レオナルド(ギルドホール音楽院卒、英国を代表するソプラノ歌手)、俳優の江口麻琴(シアターカンパニー・ク・ナウカ女優)。演出に日本を代表する新進気鋭の若手演出家・宮城聰を迎え、加藤訓子の総合プロデュースで75分間の本格的ミュージックシアターを上演した。

アーティスト一覧に戻る


ページの先頭に戻る